工業陶磁器の歴史

食器以外の工業陶磁器

モダンな工業陶磁器デザイン

陶磁器も立派な工業製品のうちのひとつです。焼き物と呼ばれることもあります。現在ではとてもモダンなデザインのものも多く、また、種類もいろいろです。焼き物と聞けば、多くの方々は食器類を思い浮かべるでしょう。事実、実に多種多様な世界が広がっています。しかし、現在の焼き物は食器類以外にも多くの製品を生み出している現状もあるのです。セラミックと言った方がわかりやすいかもしれません。そんなセラミックの製品も様々なものがあります。例えば建物を飾る装飾的なタイルは、現在でも見かけることがあり、決して昭和や大正のものというわけではなく、平成の私たちの暮らしにも意外と身近なものです。そのデザインも非常に魅力的です。工業製品としての陶磁器は案外知られていない面もあります。1度知ればモダンなデザインに魅了されます。

古くからの工業である陶磁器

陶磁器産業は古くから伝わる代表的工業のひとつです。土を練って焼くという一見シンプルな工法ながら、そこから生み出される製品は実に多彩です。それは生活に欠かせない大小の容器だけではなく、優れた美術品としての側面も持っています。そのため、伝統の技法を守る職人が、世界各地に存在しています。こうした優れた技術は、単なる一分野に留まらず、他の産業にも大きな影響をもたらしています。たとえば適度に水分や空気を出し入れできる陶製の瓶などは、機械化が進んだ現在においても、多くの業者が採用しています。古今の英知が詰まった陶磁器は、まさしく工業の基礎といえるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業としての陶磁器生産 All rights reserved